温泉料理旅館 - コラム

2009年10月15日

温泉料理旅館

前回の続きです。偶然にも予約の取れた温泉料理旅館に午後6時に到着。場所は琵琶湖湖岸の雄琴温泉です。雄琴温泉といえば、なにやら怪しい温泉街をイメージしますが、実際に怪しいのはほんの一角で、そのほかの温泉は怪しさ一切なしの温泉旅館ばかりです。玄関前には到着したばかりの車が数台あり、みな荷物を降ろしているところでしたが、全員ワンちゃんを連れているではないですか!なんとここはワンちゃんと泊まれる温泉旅館だったのです。我が家にも愛犬チャンプ(ポメラニアン)が居りまして「家内とこいつを預けて旅行行くのもかわいそうやしなあ!」といつも話していたので、今度は家内とチャンプと3人で泊まりに来ようと、即行思いました。さて、問題の温泉と料理ですが、温泉はやっぱり気持ちいいですし、風呂上りのビールは格別ですし、近江牛のしゃぶしゃぶや松茸の土瓶蒸しも雰囲気ありました。けれども、全体としては可もなく不可もなくというところでした。さて、高校からの親友の彼は内科医です。くだらない事ばかり話してましたが、ジェネリックの薬の事が話題に挙がった時、「現場の内科医がどう思っているのか、何を感じているのか!」 面白い話が聞けました。次回「ジェネリック医薬品」

コムデスト
医院紹介歯のクイズ歯の病気症状チェック事業概要コラムサイトマップお問い合わせサイトポリシープライバシーポリシー